リアリズム塾〈中・上級者対象〉

“リアリズムの表現を追求する方に!” リアリズム表現の技術を習得するための塾 リアリズム表現の技術を
習得するための塾


  • リアリズムの技術を習得するための塾。
  • 第一線で活躍するリアリズム作家が講師として各講座を担当いたします。

8期 古典絵画への旅(2018年7月7日~11月24日)

アトリエ・エビス講師:友清 大介

古典絵画の模写を通じ、油彩技法や組成、構図を学びます。 5ヶ月 全20回で模写・自由課題の2作品を制作していきます。弘重ギャラリーでの成果発表展もあります!

課題A【模写課題】講師が用意した古典絵画(16~18世紀)の図版の中から1つを選択、F8サイズのキャンバスに油彩模写を行います。(7/7~9/15)  

課題B【自由課題】
課題Aを通して要素(構図、色彩、モチーフ、シンボルなど)を引用し、F8サイズのキャンバスにオリジナル作品の油彩制作を行います。(9/22~11/24)

【成果発表展】 講座の集大成として、弘重cafe galleryにて成果発表展を行います。(2019/1月を予定)


  • 友清 大介 プロフィール
  • 1983年生まれ
  • アカデミア・ペーニャ修学 (スペイン・マドリード)
  • 広島市立大学大学院芸術学研究科博士後期課程修了
  • セビリア大学美術学部大学院修了 (スペイン・セビリア)
  • 2010 「光の肖像」展(広島市立大学芸術資料館)
  • 2013 個展(東京・ギャラリーアートもりもと)
  • 2013 「Imago Mundi」(イタリア・ベネトン財団)
  • 2014 Mini cuadros Muz – Martínezファイナリスト
  • (スペイン・アリカンテビセンテデルラスペイグ)



 

2016年6月~2017年12月までの特別講師

1期:五味 文彦
「ガラスの透明感を描く」
(静物油彩)
2期:島村 信之
「裸婦のチュール」
(人物油彩・裸婦)
3期:小尾 修
「人体の存在感を描く」
(人物油彩・着衣)
4期:石黒 賢一郎
「セピア色の静物」
(混合技法)
5期:塩谷 亮
「顔を描く」
(人物油彩)
6期:山本 雄三
「等身大でモデルを描く」
(人物・混合技法)
  • 入会金   ¥10,000(学生 ¥5,000)
  • 画材保管費 ¥1,000 ~ / 月(必要な方のみ)
  8期(5ヶ月・20回)
受講料 ¥92,500
受講料
(分割/月)
¥19,500
設備維持費 ¥3,500
初心者でも受講できますか?
油彩経験がある方が対象です。また人物画がテーマの場合は人物画経験者が望ましいです。
画材保管はできますか?
作品は無料で保管できます。画材道具は月額1000円で保管できます。
キャンセルはできますか?
受講開始前であれば可能です。キャンセル料につきましては料金案内をご参照ください。